So-net無料ブログ作成
文房具 ブログトップ

無印良品のアルミ丸軸万年筆 ~当り外れがあるらしい~ [文房具]

1,155円(税込)で買える万年筆。

4547315136865_400.jpg
無印良品の「アルミ丸軸万年筆」です。1,000円ちょいの万年筆とは思えないほどの見栄え。太さはF(細字)のみ。カートリッジが2個付いてくるので、買ってすぐに使い始められます。

DSC00711.JPG
万年筆の入門用としておすすめ! と言いたいところですが、当たり外れが多いようです。自分が買ったモノは、使い続けるうちに、インクの出が悪くなってしまいました。この商品、店頭で試し書きもできません。買ってしばらくして調子が悪くなると、文句の持って行き所がありません。

DSC00712.JPG
キャップはすっぽん!と抜くタイプ。結構きつきつ。まん丸なので、机の傾斜で転がっていきます。

DSC00713.JPG
キャップはお尻に付ける事ができますが、重心が後ろになるので、かなり振られます。

4547315139040_400.jpg
カートリッジは2個付いてきます。別売りで2個105円です。専用カートリッジとして売られていますが、ペリカンなどのショートタイプそのままのようです。

DSC00714.JPG
しかし、ペリカンやモンブランなどのカートリッジが使用できるので、そちらを買った方がお得です。画像はペリカンのロングタイプを挿したところ。余裕で入りますが若干ぐらつくので、BOXYボールペンのバネなどを入れて使う人もいます。他社のコンバータを使用している人もいるようです。

Ink_cartridges_GTP5.jpg
ペリカンのロングタイプカートリッジ。色も豊富。5本で400円弱で買えます。

値段が安いので、色々と改造・改良している人も多いようです。ネットで検索すると沢山出てきます。

自分は外れを引いてしまいましたが、もう1本買ってみようという気にはなりません。もう少しお金を足して、ラミーのサファリを買う事をおすすめします。

木軸の万年筆を使う ~パイロットのカスタムカエデ~ [文房具]

普段愛用している木軸の万年筆「カスタムカエデ」です。カスタムシリーズはパイロットの主力といえるラインナップです。このカエデもかんり古くからあるモデルのようです。

DSC00705.JPG
木軸が好きで、ボールペンとかシャープペンとかでも木軸を使っています。

DSC00706.JPG
実物は画像よりも明るい木目です。

DSC00707.JPG
ペン先は金色で、14K 10号。金色ってあまり好きではないですが、木軸には似合うと思います。

DSC00708.JPG
キャップをお尻にはめると、インクが付着する恐れがあるので注意です。

DSC00704.JPG
キャップレスと同じF(細字)ですが、ペン先は柔らかくインクフローがかなり良いです。キャップレスで書いた後だと、なおさら柔らかいと感じます。

このカスタムカエデ、調べるとネットで詳しい方のサイトに行き当たり、「カエデのペン先は他のカスタムシリーズより柔らかい」という経緯を知りました。

このカエデを選んだのは、見た目が気に入っただけだったのですが、自分の筆圧にはちょうど良い感じです。それにしても、メーカのサイトにも記載されていないような事柄を、よくご存知の方がいるもんです。

定価21,000円で、買値で15,000円弱ですが、大手の文房具店に行くと、在庫の中から好みの木目を選ばせてくれると思います。多少高くなってもそちらをお勧めします。

ノック式万年筆を買う ~パイロットのキャップレス~ [文房具]

最近の若者諸君の中には、万年筆など触った事もない、という人も多いでしょう。ある程度以上の万年筆(おもに値段)は、たいていキャップがねじ込み式になっています。だからノック式だと非常に楽なんです。ノック式はパイロット社だけのようです。

capiess_matblack.jpg

お手軽万年筆かというと、そんな事はなく、ペン先も複数ラインナップされ、インキもカートリッジとコンバータ(注入器)の両方が使えたりします。

fcn_15sr.jpg
自分も1本所有しているのですが、見た目がいかにもな万年筆。万年筆らしい外観なのですが、ちょっと野暮ったい。

DSC00689.JPG
そこに新発売となったのが、このマットブラックです。一目で気に入り早速購入。

DSC00699.JPG
ペン先にグリップが付いているので、ポケットに差す時などは、ペン先が上になります。万が一のインク漏れへの配慮からではないでしょうか。

DSC00698.JPG
単純にペン先が出たり引っ込んだりするだけではなく、シャッターがありペン先を収納するようです。実際に使っていてインク漏れの経験はありません。筆箱に入れて持ち運んでも漏れた事はありません。

DSC00704.JPG
ツバメノートのトランプで試書き。奥が普段愛用しているパイロットのカスタムカエデ。ほんの少しだけキャップレスが太めの文字かな(両方ペン先はF)。

ペン先はF(細字)、M(中字)、B(太字)があります。定価は18,900円ですが、ネットなどでは、15,000円弱で買えるようです。気軽に買える値段ではないですが、すでに万年筆を使っているけどキャップレスは未経験、という人にはお勧めです。

この艶消し塗装は良いですね。暗色が似合うと思うので、シリーズ化してほしいです。

プレゼント終了になったANA手帳を来年も使う [文房具]

DSC00702.JPG
少し前からですが、ANAのゴールドカード契約者に、毎年プレゼントされていた手帳が終了となりました。カレンダーとセットで送られてきていた手帳です。SFC会員向けの手帳も終了となりました。

DSC00624.JPG
そこそこの品質で、気兼ねなく使用できるので愛用していました。中身を差し替えて使おうと、合うサイズのノートを探したのですが見つからず。

2chのクレジット板の高名なコテハンの方からの情報で、ようやく辿り着いたのが、パイロットの「コレト手帳」シリーズです。

続きを読む


ロディアみたいな和製メモ帳 [文房具]

A7サイズのメモ帳といえば、「ブロックロディア No.11」が有名です。というよりこの手の商品の代名詞と言っても過言ではないでしょう。これを強く意識したと思われる、国産のメモ帳がツバメノートの「トランプ」です。

DSC00604.JPG

Googleで「大学ノート」を検索すると、ツバメノートの画像がこれでもかっと出てきます。しかし最近の若者は使った事がない人が殆どではないでしょうか。おっさん世代では大学ノートというとこれなんです。一度は試してもらいたいノートです。そんなツバメノートのメモ帳です。

続きを読む


文房具 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。