So-net無料ブログ作成
検索選択

Suicaの入場記録がきちんと消されてなかった件 [鉄道]

JR山形駅の自動改札は、在来線のSuicaに対応していません。モバイルSuica特急券用のタッチセンサがあるので、つい進んでしまいますが、あえなく弾かれてしまいます。

IMG_0893.JPG
改札横の有人カウンタで、精算が必要となります。ここで長蛇の列となってしまうのです(画像の右側の所)。

さらに困った事に、このカウンタでは、Suicaの入場記録を取り消す事ができません。Suicaの中の情報を読み取って精算するだけで、「Suicaの使える駅で記録を消してね」となります。

IMG_1001.JPG
清算を行うと、こういうものを渡されます。精算済みを証明する連絡票です。これを渡して入場記録を消してもらう訳です。

この間、東京駅の新幹線カウンタで、これを渡してSuicaの入場記録を消してもらいました。ところが吉祥寺駅の自動改札でブロック! 窓口へ行くと山形近くから入場した事になっていました。山形駅で精算済みで、東京駅で記録をクリアしたはずと事情を説明すると、あっさりクリアし直してくれました。

しかし精算済み証明書を出せといわれたら、どうにもできませんでした。駅員さんによっては払わされていたかも ((( ;゜ Д ゜)))。

新幹線に乗る時の特定都区市内割引ってやつ [鉄道]

東京駅から新幹線に乗る場合、通常の新幹線の切符だと、東京駅の手前から乗車できます。JR中央線だと西荻窪から先の運賃は払わなくて済みます。

IMG_1009.JPG

東京都区内の主な駅から乗車した場合の運賃は、以下の通り(平成24年現在)。
 乗車駅   金額(円) 
 西荻窪   380 
 小岩   210 
 浮間舟渡   290 
 蒲田・葛西臨海公園・西大井   210 

中央線のお得度が高いです。自分は西荻窪の隣の吉祥寺から乗車する事が多いので、130円払えばよい事になります。

これが仙台市区内の場合だと、路線によってかなり差があります。
 乗車駅   金額(円) 
 南仙台   190 
 あおば通   140 
 岩切・中野栄   190 
 新新川   570 

あおば通駅は仙台の隣駅で数百メートルしか離れていないので、列車を待つより歩いた方が早いです。一方、奥新川(おくにっかわ)駅は、山形県との境にあって、仙台から12駅もあり、1時間弱かかります。

作並温泉から帰る場合は、新幹線の切符でそのまま乗れる訳です。

実は先日仙台へ出張に行った際、山形に立ち寄る事になりました。帰りの新幹線の切符は仙台駅発で支払い済みだった為、仙山線で山形から仙台へ移動しました。

この時、この特定都区市内の制度を忘れていて、山形から仙台までの1110円の切符を買いました。奥新川までの480円だけで良かったのですが、乗車してから気づいて、車掌さんが車内巡回に来たときに、その事を話したら、「仙台駅で払い戻しを受けて下さい」との事でした。

仙台駅について、駅構内の新幹線の券売所で、職員のお姉さんに払い戻しをお願いしたら「出来ません」。 え?。
いったん改札を通してしまった切符は、差額の払い戻しなどはしないそうです。しかし「車掌さんが仙台駅で払い戻しを・・・」と告げると、あっさり「では払い戻します」。

本来の決まりでは払い戻しできないのかも知れませんが、人の裁量によってあっさり通るんですね。実は払い戻し金額を見て、初めて仙山線の特定都区市内の適用範囲が広い事に気がついたのでした。

そうそう、モバイルSuica特急券がお得!とJR東日本は宣伝していますが、モバイルSuica特急券は、この特定都区市内が適用されないので、とびきりお得ではないと思います。知らない人も多いのではないでしょうか。

山形新幹線には、この特定都区市内割引がないんですよね。なんでだろ。


磐越西線で郡山から新津へ [鉄道]

郡山から新津へ行く場合、新幹線を使っても、在来線を使っても(自分の感覚では)それほど違いはない。4時間を切るか切らないか。違ってくるのは運賃。のんびりと在来線で行くことに決定。

R0015292.JPG
R0015301.JPG

続きを読む


空港最寄り駅だというのに ~山口宇部空港~ [鉄道]

広島からの帰路を検索していると、自分の位置する所からだと、時間によっては山口宇部空港経由でも、あまり大差ない事が判明。広島には仕事でちょくちょく来てるし、これからも来るだろうし。この機会に縁の薄そうな山口宇部空港を利用することに。

Yahoo!路線案内にしたがって電車に乗ると、最寄り駅の「草江」はなかなかの駅だった。

R0015579.JPG

続きを読む


蛙踊りの端末を千葉で見た [鉄道]

日帰り出張で訪れた、千葉の片田舎の駅。Suicaが使用可能なエリアなので、自動券売機には用はないのですが、ふと見ると「もしもし券売機kaeruくん」があるではないですか。

R0013406.JPG

これは他の駅にいる駅員と会話をしながら、発券ができるマシーンなのです。新幹線の指定席や定期券も購入できます。窪んだところに、記入した用紙を置くと、上部のカメラから確認ができるようです。

クレジットカードでJRの車券を買うと、「C制」と記入されます。制は制限の略のようで、払い戻し時にはクレジットカードにしか返金しません、等の制限だったと思います。ところが、このカエル君を使うと現金の返金が可能だったとかで、それを利用する裏技が編みだされて、「蛙踊り」と命名されました。今はもちろん対策済みでしょうが、この手の裏技は色々生まれては消えていきます。

永久機関、ぶん回し、淀踊り、倫敦踊り、瓜返しに蛙踊りなどなど。だれがネーミングしているのでしょうね。

えきねっと会員になって東北新幹線を安く乗る [鉄道]

JR東日本には「えきねっと」というインタネットサービスがありまして、会員になってクレジットカードから支払う設定にすると、「トクだ値」という料金割引プランが使えるようになります。

割引率は10、15、20、25、30%引きで、飛行機と同じく事前に買えば、それだけ安くなります。

tokudane.JPG

停車駅の少ない「はやて」には、設定が少なかったり、各駅停車のMAXの一階席だったり、グリーン車しか設定が無い事も。

週末に、「月曜日には出張で必ず仙台に行く」という時などに良いです。 MAXやまびこは時間はかかりますが、通常1万ちょいの東京→仙台が、7000円ちょいになるのは大きいです。 時間に余裕のある人にはお奨めです。

モバイルSuica特急券はお得・・・ [鉄道]

mobile_suica.JPG
モバイルSuica特急券で、新幹線に乗ったのですが、新幹線の自動改札で、乗った駅から東京駅までの運賃が、そのまま引き落とされました。 これって都区内割引(中央線なら西荻窪から東京までは料金が発生しない)が無いのですね。

従来の紙の特急券だと、例えば中央線だと、西荻窪から東京までの、380円が無料になりますが、モバイルSuica特急券だと、9700円+380円=10080円。

忙:10790円→10080円(710円ウマー)
通:10590円→10080円(510円ウマー)
閑:10390円→10080円(310円ウマー)

それでも安いんですが、すげー安いと喜んでいたので、ちょっとがっかりもしました。

しかし、モバイルSuicaだと、自分の号車、座席が、画面を開かないと確認できないのがかなり不便でした。

まあ、普段はえきねっとの「得だ値」で乗るのですが。

仙台はオートチャージ不可! [鉄道]

仙台出張中のこと。 JR仙台駅の改札でピンポーン! 改札横の窓口に行くと、「残高不足です」。

JR仙台駅(他も?)は、オートチャージされないとの事。 しかも、駅構内には、チャージできる端末が無いので、現金支払い。 後で改札外のVIEW ALTTE(ビューアルッテ)でチャージ。

R0013195.JPG

不便な点をもうひとつ。 JR仙台駅構内の、新幹線改札の「えきねっと」端末は、新幹線の特急券のみ発行可能で、乗車券は発行できないので、有人の窓口で乗車券を買わなくはならないのです。

東北の在来線から新幹線に乗る事もあるので、これは不便です。

R0013187.JPG
JR仙台西口名物のタクシー客待ち。 これが全部ではなくて、画面左側にタクシーが並んでいますが、これらは待ちスペースから溢れたタクシーです。

見ているとそんなに回転が良くはないので、他を流した方が、客が拾えると思うのですが。

金沢から鉄路で帰宅 [鉄道]

R0012785.JPG
往きは飛行機でしたが、帰りは満席でチケットが取れず。 この日金沢は、何か大会の様な催しが開催されたみたいです。 スーツ姿のサラリーマンで、ごった返していました。 仕方がないので、鉄道新潟経由で東京へ。 エキスパートで検索すると、出発時刻によっては、米原経由が出てきます。

R0012792.JPG
進行方向に向かって、左側の方が景色が良かったです。 荒れ狂う日本海が堪能できます。

2階建て新幹線を今さら写す [鉄道]

R0012687.JPG
東北新幹線の2階建て車両MAXです。 引退が決まってしまいました。 乗ってみると、当たり前ですが天井が低く圧迫感があり、1Fは景色が楽しめないとか、窓のへりに物が置けないとか、色々不満はありますが、一番お世話になっている車両です。

「とくだ値」という割引チケットは、よくMAXの1Fに設定されています。 もうすぐこの景色も見られなくなるので、撮ってみました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。