So-net無料ブログ作成

伊良部島の沈没船ポイント(イグアナ岩) [お出かけ]

伊良部島の断崖絶壁ポイントに行ってきました。

20160716-564A7245.jpg
この場所が地元で何と呼ばれているのか判らないので、とりあえず沈没船ポイントと呼びましょう。沈没船が正面に見えます。
訪れた時はまったく気がつきませんでしたが、この岩は海へ突き出ていて、横から見るとイグアナに見えるので、「イグアナ岩」と呼ばれているようです。

 
20160714-564A6835.jpg
三角点ポイント以上に、場所が判り難いです。目印が何もありません。フナウサギバナタと三角点の間にあります。フナウサギバナタからだと、トライアスロンの「6K」のペイントが目印。このペイントの少し手前。

20160714-564A6838.jpg
左端が入り口。軽トラックのある辺りが、「6K」のペイント。 入り口は坂を登り切った所にあるので、追突防止のため、車は少し先に駐車。

20160715-DSC08324.jpg
入り口の反対側の道路脇にハートマークが。誰かが目印に残したのでしょう。

20160715-DSC08344.jpg
草木が刈られて通りやすくなっていました。地元の人が刈ったのでしょう。アロエが刺さると痛い。

20160714-564A6840.jpg
草むらの中を進みます。

20160714-564A6842.jpg
ポイントが見えてきました。三角点と比べるとアドベンチャー感は薄いです。あっちはプチジャングルを抜けると、視界が一気に開けておおっという感動があります。

20160715-DSC08339.jpg
みな沈没船と呼んでいますが、正しくは座礁船ですね。当初は艦橋の形がはっきり残っていました。船の所有会社(確かシンガポール)とは連絡不通になり、撤去されないままとの事。

20160716-IMG_6030.jpg
干潮時の様子。

20160714-DSC08059.jpg
フナウサギバナタ方面。身を乗り出すと展望台が見えます。垂直の断崖という訳ではないので、絶壁感とか高所感はあまりないです。(後日足元がえぐれていて危険な場所であると知る

20160714-DSC08061.jpg
三角点ポイント方面。こちらからはあちらは見えないようです。

20160714-DSC08073.jpg
三角点の方からやってきたボート。気持ちよさそう。

20160716-IMG_6027.jpg
サンゴ礁の外側は水深が一気に数十メールにもなるとの事。海上保安庁の船が訓練をしていました。そういえば下地島空港でも海保の訓練をしていました。この日の海は今まで見た事がないくらい真っ青でした。

三角点ポイントと同様、太陽が高い昼前後が美しい景色が見られると思います。ただ、尖った岩だらけなので、転んで手をついたら怪我をする可能性大です。座って写真を撮るだけで、お尻が痛いです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。